「施術」と「経営」を両立させるヒント

From:黒川 純

院の受付カウンターより、、、

 

「こんにちは~!」

今日の午後は私一人。

いつもなら、二人いるスタッフの
どちらかが出勤している。

でも、今日の午後は
シフトの関係でどちらも休み。

 

とはいえ、
午後は完全予約なので
そんなにバタバタすることはない。

今日の午後は3名の施術。

現時点で二人の施術を
終えたのであと一人のみ。

 

次の患者さんは
ちょっと時間が空くので

その間にと思って
今日は受付でこれを書いています。

 

と、いきなり…

「パパ~~~!首痛めたから治して~!」

嫁だ。

 

実は、嫁に経理の仕事をしてもらうために
院に来てもらってる。

そういえば、
今朝、家を出ようとしたときに

「イタッ!」

嫁が首を押さえながら、

「ぎっくり首になりそうになった」
「あぶな~…」

そう言っていた。

 

私がパソコンで
カタカタしているのを見て、

「いまなら大丈夫でしょ?」

おそらく、
そう思って声をかけたのだと思う。

「しょうがないな~」

ということで、
今から嫁の首を治してきます…

 

 

 

はい、失礼しました。

どうやら、嫁の首は
寝違えていたようです。

 

運動痛は、前後屈痛のみ。

頚部の痛み自体は
左右ともにあり。

ROM制限なし。

でも前屈時に
頸椎下部から屈曲している。

 

後屈時には上位頸椎のみで
後屈している。

神経学的所見なし。

腹横筋と多裂筋の筋出力低下。

 

おそらく、
軽度の寝違えがあり、

頚部のインナー系の
筋が抑制されていた状態。

 

インナー系の筋が
抑制された状態で、

急に首を動かしたことによって、
アウター系の筋が先行収縮してしまい、

頚部の痛みが
発生したものと思われます。

 

そこでまず、
体幹のインナー系の筋を少しだけ促通し、

その後、L5/S1~Th2/3レベルまで
facetのmobilityを調整しました。

 

この時点で後屈痛は改善。

 

次に伏臥位で
Th1/2~C2/3レベルの
facetのmobilityを調整。

最後に座位にて左SCMのリリースと
左頚板状筋、椎前筋にアプローチしました。

 

これで前屈痛もほぼ消失。

「さすが、パパ!」

実はちょっと実験的要素も
入っていたけど、

それは伏せておいた次第です(笑)。

 

とはいえ、

こうして施術して
すぐに感謝されるという仕事は

本当にやりがいがあるし、
楽しいですね。

 

患者さんから感謝されながら
経営もうまくいくと

もっと嬉しいですね。

 

先生も技術と経営が両立すると
うれしいですよね?

では、どうやったら
両立させることができるのか?

 

そのヒントをここにまとめています。

 

黒川

関連記事

  1. なぜ勉強しなければならないのか?

  2. 物療機器活用の3つのポイント

  3. 「スカッ!」から学ぶ…?

  4. 本当にヘルニア?

  5. オリジナルと我流

  6. 施術家が磨き上げるものとは?

  7. これ、1回で治せる?

  8. 通院しない単純な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  2. いつも綺麗な公園の影には、、、
  3. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  4. 「虫刺されかと思った…」???
  5. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?
  6. お客さんがいないお好み焼き屋さんが…