一体何が間違っているの?

 

From:黒川 純

@診察室より、、、

 

過去に何度か
話してきたことですが…

 

腰痛患者は毎年
伸び続けています。

 

なぜこれだけ医療が
進歩しているにもかかわらず、

そしてこれだけ整形外科が増え、
整骨院などの治療院も
増え続けているのに

なぜ腰痛の患者さんは
減少しないのでしょうか?

 

さらにここ数年、

治療院業界では各地で
腰痛をはじめとする
技術セミナーが

毎週のように
行われています。

 

このように医療が進歩し、
また私たち施術家の技術力も
確実に向上しているはずなのに、

一体なぜ腰痛の患者さんは
減らないのでしょうか?

 

その理由は、
いたってシンプルです。

 

そう、「腰痛」に対する知識が
そもそも間違っていたからです。

 

だって正しければ
腰痛の患者数は
減少しているはずでしょ?

 

でも増加している
ということは

今までの知識や方法は
間違っているってことですよね?

 

そうすでに答えは
出ているんです。

 

結局、治ると思っていた方法で
腰痛を治療してきた結果、
腰痛患者数は増加している。

 

これが答えです。

 

ここで言う「治る」とは
再発もしないということです。

 

その時の腰痛を
治すことはできても

また腰痛になるようであれば
それは治したとは言えません。

 

だってそうでしょ?

 

それって結局、
対症療法にすぎないですからね。

 

では、一体何が
間違っているのでしょうか?

 

そしてなぜ腰痛は
治らないのでしょうか?

 

結局私達はどうやって
腰痛を施術すればいいのでしょうか?

 

このページでわかりやすく
説明しています。

https://wp.me/p9AW3m-hr

 

黒川

 

関連記事

  1. 【腰痛施術の教科書】施術の考え方と施術方法

  2. 閑散期の施策を考える、、、

  3. 「成長する」ということは…?

  4. まずは受け止めることが大事!

  5. 何から学べばいいのか?

  6. 勉強の仕方が違うんですよ

  7. できる治療家とできない治療家の違いとは?

  8. 技術を会得するための唯一の方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?