いつ休むの?今でしょ!

 

From:黒川 純

@自宅のテラスより、、、

 

水曜日の午後。

今日は月に一回?の休診日。

いつもよりかなり早く自宅に帰ってきた。

 

自宅に帰ると、、、

「子供か?」

と思わせるぐらいのスピードでお昼ご飯を食べ、
休みことなく庭に出る。

 

先日購入した手斧で薪を割るためだ。

 

と言っても大きな木から
薪を切り出すのではなく、

買ってきた薪をさらに細かく割って
焚き付け用に使うのだ。

 

今日は天気もいいから気持ちいい。

「てつ(愛犬)も一緒に出るか?」
というと猛ダッシュで寄ってきた。

 

ということで、
てつも一緒に外に出て薪割りに参加だ。

 

この前、この手斧を砥石で研いだばかりなので、
その切れ味も気になっていた。

とりあえず、今日は2、3本の薪を
焚き付け用に割ろう。

そう決めていた。

 

早速、薪を手に取り、
手斧で「ッカ〜ン!」

お、一発で割れた。

なかなかの切れ味だ。

 

この調子でどんどん薪を割っていった。

 

手斧の切れ味もよかったせいか、
気がつくとすでに3本の薪が
20本近くになっていた。

 

それにしても今日はすごく気持ちいい。

陽が照り、時々風もある。

 

長袖のTシャツで心地よく過ごせる。

こんなにも心地いいと活動的になる。

 

薪を片付けた後、庭のシンクを磨いた。

汚れていたのが少し前から
気になっていたのだが、
タワシで磨くとすぐに綺麗になった。

 

掃除をすると
”心”も綺麗になった気がする。

「よし、この勢いで…」

 

そう思って最近サボり気味だった
芝生の手入れをすることにした。

 

この時期の芝生は、
地中で春に向けて発芽や新葉の
準備をしている頃だ。

 

やることはシンプル。

エアレーションだ。

 

エアレーションとは、
硬くなった土壌に穴を開けて
空気を送り込んでやる。

また古い根を切って、
根の伸長を促すという効果がある。

 

これが結構体力のいる作業なのだ。

すっと中腰で作業するから、
だんだん腰が痛くなってくるのだ。

 

15〜20分くらいで完了したが、
やっぱり腰は痛くなった。

中腰作業ってやっぱよくないですよね。

 

でも、天気がいいせいか、
それすらもちょっと心地よく感じた。

ま、変なヤツだ。

 

ちょっと疲れたから小屋から
折りたたみの椅子を出して少し休憩することにした。

別に家に入ればいいのだが、
やっぱ外がいい。

 

テラスに椅子とテーブルを出して
コーヒーまで準備して休憩だ。

「あ〜、、、疲れた」
「でも、気持ちいいわ〜」

ついつい言葉にも出てしまうほどだ。

 

「よし、このままメルマガ書こ!」
ってことで今このメルマガを書いている。

 

「ってか今日のメルマガ、単なる日記じゃね?」
と、思われたかもしれないけど、

いつものように私は
先生に伝えたい事があります。

 

それは、、、

「先生は休んでいますか?」

ということ。

 

たまには「休む」ということが必要です。

さすがに毎週毎週というのは
よくないかもしれませんが、

月に一回でもいいから、
時間を無理にでも作って
休んでみてはいかがでしょうか。

 

休めば仕事の効率も上がります。

 

そう、逆いうなら、
休まないと仕事の効率も下がってしまうんですね。

「いやいや結局、お前はいま働いてるじゃん!」
と思われたかもしれませんが、

私はこうしてメルマガを書くことは
苦痛ではありませんし、

特に今日はすごくリラックスして
気持ちよく書けています。

 

だから、働いているようで
休んでいるようでもあるんですね。

 

ま、それはいいとして、、、

真面目な先生ほど極度の疲れから
事故を起こしてしまったり、
大病を患ったりしています。

 

実際に私の周りでも、、、

恩師、友人が亡くなりました。

 

よく知っている先生は病気になり、
手術を受けました。

そうなれば、
大好きな勉強も志事(仕事)も施術も出来ません。

 

だから、、、

先生、たまには休んでくださいね。

 

大切な身体、
いたわってあげて下さい。

 

そして少し休んだら、
思いっきり頑張ればいいんです。

 

さて、先生、、、

来月あたり、半日でもいいから
少し休む時間をとってみてはいかがですか?

 

黒川

 

関連記事

  1. プロと素人の違いって?

  2. 患者数を増やす最も簡単な方法…

  3. どっちが早い???

  4. ルール改正の時期について

  5. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?

  6. 主婦を見習うべき理由とは?

  7. 孟母断機という教え

  8. 離脱患者数が多い院が考えるべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?