”お金”って大事?大事かもしれないけど、、、

 

From:黒川 純

@診察室より、、、

 

少し前にスタッフにも
話したんですけどね、、、

確かにお金って大切かもしれないし、
お金は必要だと思う。

 

でも、お金が手元にある時点で、
お金の価値がないがしろにされている。

お金が有り余っているのであれば
それで良いけど、、、

 

お金って通貨でしょ?

諸説あるけど、このお金は元々、
物々交換だったて言う話は
聞いたことがあると思う。

 

つまり、お金が手元に
たくさんあると言うことは、

それだけ本来得られる価値を
得ることができてないって

ことなんじゃないかなって
思うんですね。

 

だってお札って持っているだけだと
紙切れに過ぎないでしょ?

それを同等の他の
何かに変えることで、

やっと価値をもたらして
くれるわけですよ。

 

もちろん、、、

そもそもお金がないと
その価値を得ることすらできない。

 

だからと言って
「お金」を稼ぐことを考え出すと、

全てが「お金のために」と言う風に
なってしまうのだ。

 

そりゃ、それが悪いと
いっているわけではないけど、

売上や利益がないと
そう考えてしまうのもわかる。

 

実際私もそういった考え方を
していた時がある。

 

でも「お金のために」と
考え出した瞬間に、

いろんなことが
うまくいかなくなる。

 

先生もそんな風に
感じたことはないですか?

 

これには、
いろんな理由があると思う。

自分のことばかりを主体に考え、
人のために時間や労力をかけない。

利益のないことはしない。

 

そりゃこれだと
いろいろうまくいかない。

 

でも、本当に自分が得たい
「最終物」は何かを考えると、

全ての活動が途端に
楽しくなって好循環が始まる。

 

つまり、最終的に先生が
得たい”価値”ではなく、

その間に介在する
お金のことを考えると、

思考工程数は増えるし、

狭い視野でしか
考えることができなくなるのだ。

 

じゃ、、、

ちょっと考えてみてください。

 

先生の目の前には
何億というお金があります。

お金をこれ以上増やしたり、
ためたりする必要はないと仮定して

現実的に先生はこの現金を使って
何を買いますか?

もしくはどう使いますか?

 

現実的にですよ。

 

その答えが、、、
先生が求める価値です。

 

では、では、、、

その価値を得るためには
どうしたら良いんでしょうね。

お金のことは
置いといてくださいね。

 

こうして、これまでのように
間にお金をかませて考えるのではなく、

「その価値を得るためには…?」と
直で考えるんですね。

 

こうした思考が
また新たな気づきや可能性を
引き出してくれるんです。

 

黒川

 

関連記事

  1. 理想の施術家、院経営とは?

  2. 理論は重要だ!

  3. ハラミってうまいですよね?

  4. 【腰痛施術の教科書】施術の考え方と施術方法

  5. ルール改正の時期について

  6. 1人の意見と99人の意見はどちらが大事?

  7. 後骨間神経麻痺の症例

  8. 目標を立てるのは無意味???

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?