The 離脱理論???

 

From:黒川 純

@診察室より、、、

 

ある土曜日の夕方のことだ。

 

嫁が…

「肉食べた~い!」

そう言い始めた。

 

でも先日、
庭でBBQしたばかりだが…

そう思いつつも
私も肉が食べたくなった。

 

焼肉は自宅でBBQがいい。

外で食べようとは思わない。

 

だって同じ金額出すなら、
いいお肉を自宅で食べれる。

 

しかも自分の好みの焼き加減で
ゆっくり食べれるというのは相当贅沢。

 

だから、基本的に焼肉するなら自宅。

 

でもこの日は、
子供たちがハンバーグを
食べたいと言っていた。

嫁もそれに賛同していた。

 

ということで、
子供の通ってる小学校の近くにある
ハンバーグとステーキの
お店に行くことにした。

 

ここは以前、

ラーメン屋さんが入っていたのだが、
1年ほど前につぶれた。

 

そのあとできたお店が
このハンバーグとステーキのお店。

 

この新しいお店になってからは
まだ来たことがなく、ちょっと気になっていた。

 

土曜日の19時頃だ。

 

お客さんが多いことは
覚悟していたのだが、、、

 

お店につくと駐車場はガラガラ…。

「え~、ガラガラじゃん…」

つい口からそうこぼれた。

 

ガラガラだとお店に入るのに
ちょっと勇気がいる。

 

でも中をみると3組くらい入っていたので
ちょっと安心した。

すぐにボックスの
テーブル席に案内された。

 

メニューを見ると、

ハンバーグからステーキまで
ホントどれも美味しそう。

メニューを見ただけで
お腹が鳴るくらいだ。

視覚情報だけで、
腸が刺激されている。

 

私はハンバーグとサイコロステーキが
一緒になっているものを、

子供はチーズインハンバーグ、

嫁は私と同じものを頼んだ。

 

あ、それから子供の要望で
ポテトフライも頼んだ。

 

ポテトフライは普通サイズと
ジャンボサイズがあって、

ジャンボと言ってもどれくらいの量か
写真だけではわからなかったので、

注文するときに
店員さんに聞いてみた。

 

「すいません、このポテトフライのジャンボってどれくらいの量ですか?」

すると、おもしろい答えが返ってきた。

「これくらいです」

 

そう両手を広げて表現してくれるのだが、
その広げた両手の間隔が段々と狭くなっていくのだ。

 

おそらく真面目に
説明してくれているんだろうけど、

もはやコントだ。

 

で、結局ジャンボフライドポテトを頼んだのだが、
これがこのあとうちの家族全員に
”最悪なお店だ”と言わせる事態を
招くきっかけとなった…。

 

注文を終えると、
私はすぐにスープコーナーに行った。

このお店は、スープが
バイキング形式になっている。

 

嫁や子供もいるというので、
私が人数分スープをカップに入れて
テーブルに持っていた。

そのスープはいわゆるもやしと
卵の入っているとてもシンプルなものだが、

意外と美味しくて、
嫁や子供もお代わりをしていた。

 

ま、そのお代わりも私が入れたのだが、
ちょうどスープのお代わりをついで席に座ったとき

さっき頼んだポテトフライがきた。

 

「お待たせしました。ジャンボポテトフライです!」
と言いながら、

その店員はテーブル中央に
そのポテトフライを置いた。

 

その瞬間だ。

少し山盛りにしてあったポテトフライが
3、4本お皿からこぼれてしまい、

テーブルの上に落ちたのだ。

 

「あ!」

そう声に出したのは店員だ。

 

その声で私もポテトがテーブルに
落ちたのを見つけた。

するとその店員は、

何事もなかったかのように
その場を去ったのだ。

 

???

ありえない…。

 

私もあまりにもサッと
去って行った店員にあっけにとられ、
怒る気にもならなかった。

 

そのあと、散々家族で
その話しをしたのだが、

私たちは結局そのお店に何も言わずに、
「今後はもう一切あの店には行かない」
ということを決めた次第です。

 

たった一言、
「申し訳ありません」
っていうだけでいいのに…。

なんでその一言が言えないんだろう。

 

こういうことは回避したいものだ。

私達の院に来院される患者さんも
少なからずこのような行動に
至ったパターンはあると思う。

 

治らないから…
対応が悪いから…
話しをちゃんと聞いてくれないから…

そんな理由から、
何も言わずに離脱していくのだ。

 

患者さんが来ないのはよく
忘れているからとか、
他に整骨院ができたからとか、

よく言われているが、
もしかしたらもっと些細なことかもしれません。

 

技術力があれば、、、

と思うかも知れないが、
技術があってもこんな理由で
来なくなる患者さんもいる
ということは知っておかなければならない。

 

ちなみにそのハンバーグとステーキのお店で
私が頼んだ「ハンバーグとサイコロステーキ」は、

残念ながら決して
美味しいものではなかった。

 

黒川

 

P.S

最近ちょっと気づいたのだが、
店員の対応がいいところは味もいい。

でも店員の対応があまり良くないところは
味もそれに応じて大したことはない。

別に何の根拠もないけど
最近そんな風に思うことがある。

 

関連記事

  1. どっちが早い???

  2. 結果が出ない理由は、、、

  3. これ知ってますか?

  4. 記憶力のない私だから気づけた顧客心理とは?

  5. 閑散期の施策を考える、、、

  6. ルール改正の時期について

  7. 離脱患者数が多い院が考えるべきこと

  8. その施術方法に根拠はあるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?