先生の信頼残高はどう?

 

From:黒川 純

@診察室より、、、

 

先生はわからないことを
そのままにしていませんか?

 

患者さんに質問されたけど…

その時は自分の知識不足で
曖昧な回答をしてそのまま。

 

もしくは、
わからないと言ってそのまま。

 

で、結局どうなるのか?

 

そのわからなかったことすら
忘れてしまう。

 

その結果、
また同じ質問に答えれない。

 

そして同じ失態をおかす。

 

最終的に患者さんからの
信頼残高は確実に減っていく。

 

でも、なぜ患者さんから
信頼されなくなったのか
気づきもしない。

 

何だったら自分は
できていると勘違いしている。

 

だからいつまでも
間違ったことを患者さんに
言っているかもしれない。

 

これでは成長の
かけらもないわけだ。

 

プロともいえない。

 

わからないことを
そのままにしておくほど
最悪なことはない。

 

わからないことは
すぐに調べるか聞くべきだ。

 

でも注意が必要だ。

 

今の時代、
調べればある程度の
答えは出てくる。

 

しかし、その答えは
必ずしも正しいわけではない。

 

だから注意が必要だ。

 

先生はわからないこと
放置してませんか?

 

わからないことは
その日のうちに必ず解決してください。

 

めんどくさいこと
わからないことなど

その日の問題はその日のうちに
解決してくださいね。

 

そうでなければ、
どんどん苦しくなりますよ。

そしてその結果…

 

黒川

 

関連記事

  1. 無料広告 VS 有料広告

  2. 結果が出ない理由は、、、

  3. 先生、鳥になってみてください!

  4. ”ハエ”のいるラーメン屋に行ってきた…

  5. 効果測定していますか?

  6. その施術方法に根拠はあるのか?

  7. 「人」は大切に・・・

  8. 固定材料の配慮が…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?

Pick up