ミステリーツアーに参加表明?

 

From:黒川 純

@診察室より、、、

 

「パパ、7月8日あいてる?」

 

昨日の夜、
嫁が何かをみながら
そう聞いてきた。

 

「たぶん、あいてるよ」

 

自信がなかったので
かばんの中にある
スケジュール帳を確認しながら、

 

「何があるん?」

と聞いた。

 

「町内旅行!」

 

昨年から町内の繋がりも
大切にしなければと思い、

町内の旅行や夏祭りに
積極的に参加している。

 

ちなみに去年の
町内旅行は、、、

 

神戸にある
須磨海浜水族園。

 

からの遊覧船。

 

参加費1,000円くらい。

 

食事代や交通費、
入園料を考えるとかなり安い。

 

しかも子供たちも
楽しめるので
とてもいい旅行だった。

 

その町内旅行が
今年もあって、

回覧板でその旨が
書いてあったようだ。

 

「町内旅行か、別にいいよ。」
「じゃ今年も参加ね。」

 

でも…

次の嫁の一言に
私はビックリした。

 

私が
「で、今年の町内旅行ってどこ行くって書いてある?」

そう聞くと…
「それが何も書いてないんよ…」

まさかだ。

 

旅行の募集はしているのに
どこに行くかは書いてない。

 

普通ならあり得ない。

 

だから私もすぐに
その回覧板を確認した。

 

でもやっぱりどこにも
書いていない。

 

そんな理不尽な
状況でも嫁は、

「とりあえず参加で出しとくな~」

そう言ったのだ。

 

先生ならどう思いますか?

 

行先もわからない
旅行に申し込む。

 

まさにミステリーツアー(笑)

 

初めて参加する
企画ではないので

多少の安心感は
あるかもしれない。

 

とはいえ、なぜ嫁は
行先もわからない
旅行の申し込みを

いとも簡単に
即決したのか?

 

それはおそらく…

参加したことがあるから。

 

この一点だと思う。

 

もちろん、
参加しない人もいるだろう。

 

でも嫁のように
何の迷いもなく簡単に

参加表明する人も
一定数はいる。

 

少し話しはズレるが、

全ての人に
受け入れてもらう

ということは
事実上不可能だ。

 

これは少しでも
マーケティングの勉強を
している人なら知っていること。

 

だからある一定数の人を
魅了するように

キャッチコピーや
広告文を作成する。

 

もちろん全ての人に
響かせたいという
気持ちもわかるが、

そも思いでキャッチコピーや
広告文を書いても、

結果的に誰にも
響かないものとなってしまう。

 

これは何もキャッチコピーや
広告文だけではない。

 

さて、先生なら
どんなことに活用されますか?

 

黒川

 

関連記事

  1. 院経営で大事な1つのこと

  2. 施術と経営どっちが大事?

  3. 行動を変えてもらう!?

  4. 口コミが発生するメカニズム

  5. 患者数を増やす最も簡単な方法…

  6. 柔道の体験会で学んだこと…からの?

  7. 雨の日の患者数って、、、

  8. 閑散期の施策を考える、、、

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?