無料広告 VS 有料広告

 

From:黒川 純

@診察室より、、、

 

「最初は無料で…」

「集客できて来たら有料で…」

 

以前、そんなことを
聞いた事がある。

 

これは広告の話しだ。

 

無料広告と有料広告…

 

どっちがいいのかということ。

 

誰から聞いたかは
覚えてないけど、

これは私が開業して
まだ数年の頃だっと思う。

 

先生はどっちがいいと思いますか?

 

無料広告…

有料広告…

 

ま、どちらもメリット、
デメリットがありますよね。

 

 

無料広告はなんといっても
無料というところが
大きなメリットですね。

 

リスクが少ないどころか、
全くのノーリスクで

広告できる点は
とても素晴らしいですね。

 

でも、
リスクもあるんです。

 

広告媒体によって
違いますが、

例えばターゲットが絞れない
なかなかリーチが伸びない
反応が悪い

 

無料が故に
あまりアクセスを集めることが
できなかったり、

効果が出るまでに
かなりの時間を
要したりするわけです。

 

そう、無料広告は
手間暇がかかるということです。

 

一方で有料広告は
どうでしょうか?

 

有料広告のメリットは
かなり細かなレベルで
【測定】ができるという点です。

 

測定をすることができれば、、、

何がいけないのか?

何を改善すればいいのか?

 

ということがわかるのです。

 

そして安定的に
リーチを伸ばしたり、

ある程度の反応も
得ることができます。

 

デメリットは、
有料ということもあって
コストがかかる点。

 

そしてある程度の
知識が必要である点です。

 

ターゲットやキーワードの選定、
そして測定項目の精査など

専門的な知識が
必要であるということです。

 

最近はこのような広告の
代行業者も増え

業者に丸投げもできますが、
運用代行費用がかかります。

 

また、やはり丸投げではなく、
こちらも勉強して
効率的に運用する必要があります。

 

では結局、

無料広告と有料広告は
どっちがいいのか?

 

ということです。

 

多くの先生はリスクを
最小限にということで

最初は無料で…

 

そう思うかもしれない。

 

でも、最初こそ
有料広告を活用すべきと
私は考えています。

 

なぜなら、

有料広告は測定ができるから。

 

測定ができるということは、
改善することができるのです。

 

つまり、まずは有料広告で
改善を繰り返し、

ある程度の結果が
出るようになれば、

そのノウハウを無料広告に
活用するのです。

 

もちろん、有料広告は
その後も続けていき、

常に改善を繰り返し
レバレッジをかけていきます。

 

最初に無料広告をすることは、
実は時間の無駄なんですね。

 

なぜなら、

結果の出ない広告を
流し続けているからです。

 

これは、

私の主観です。

 

私もいろいろと
試してきました。

そして勉強も
してきました。

 

その中で気づいたことです。

参考まで。

 

黒川

 

関連記事

  1. ___に記入すべき語とは???

  2. 新学期に準備するもの

  3. いい口コミ、悪い口コミ

  4. その施術方法に根拠はあるのか?

  5. 固定材料の配慮が…?

  6. 最も簡単な学び方とは?

  7. 氷嚢ってなんでダメなの?ちゃんと知ってる?

  8. 眠た~い!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?