ぎっくり腰の再発率〇〇%!?

From:黒川 純

診察室より、、、

 

ぎっくり腰を繰り返している
患者さんによく遭遇する。

でも、
「どれくらいの確率で
再発するんだろう」

そう、ふと気になった。

先生も気になったことは
ないだろうか?

そこで、
ちょっと論文をあさってみた。

 

すると…

ちょっと興味深い論文を
見つけたので、
シェアしておきます。

 

もちろん、
先生の勉強にもなるし、
患者さんに説明するときにも
使える内容なので、

ぜひ、メモにでも
残しておいていただきたい。

 

で、その論文。

2003年、
シドニー大学でのコホート研究。

結果から言うと、

急性腰痛は1ヶ月以内に
疼痛、機能障害ともに
58%の改善がみられた。

さらにその改善は
3ヶ月後までみられたとのこと。

 

しかし、その後の改善は
ほぼ一定にとどまり、

低レベルの疼痛および障害は
3ヶ月から少なくとも
12か月までは持続する。

と報告されている。

 

そして、
再発の累積リスクについて
この論文では、

「患者の73%は12か月以内に
少なくとも1回再発した」
としている。

さらに…

3ヵ月以内の再発率は26%、
3年後では84%の
再発の累積リスクがあると
報告されています。

 

頭の中を整理するためにも
箇条書きでまとめておきますね。

・急性腰痛は1ヶ月以内に58%改善する
・改善は3ヶ月後までみられた
・3ヶ月以降はほぼ不変
・3~12ヶ月は低レベルの疼痛は持続する

再発率について
・3ヵ月以内の再発率26%
・12ヵ月以内の再発率73%
・3年後の再発率84%

 

さて、このことから
先生の施術にどんな影響があるでしょうか?

また、何か新たな施術方法や
施術モデルは構築できないでしょうか?

 

では、また。

 

黒川

 

離脱患者数の減少、差別化、紹介患者数の増加、患者さんとの信頼関係などでお悩みでしたら、ぜひこちらもご覧ください。

関連記事

  1. 大殿筋を効率よく活動させる方法

  2. 一体何が間違っているの?

  3. 肩鎖靭帯Ⅱ度損傷放置って…、捻挫放置って…

  4. 腰痛が治らない5つの理由とは?

  5. 【腰痛施術の教科書】施術の考え方と施術方法

  6. その施術方法に根拠はあるのか?

  7. アイソメトリックトレーニングの特性

  8. 【腰痛施術の教科書】施術の考え方と施術方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?