なぜ、施術効果が出ないのか?

From:黒川 純

診察室より、、、

 

今朝、自宅のソファーで
テレビを見ていたときのこと。

私の愛犬「てつ」が
急にテレビの前に走り寄っていった。

「あ、きたきた(^^)」

実は、今日だけじゃない。

土日を除いて毎日です。

なんとなくもうネタバレしたかもしれませんが、
うちは毎朝フ〇テレビ。

そう、「今日のわんこ」というコナーの
音楽が流れるといつもこれ。

朝のフ〇テレビを
見てない方のために説明しておくと、

めざましテレビの1コーナーに

「今日のわんこ」

というコーナーがあって、
視聴者の愛犬をかわいらしいしぐさとともに
紹介するというコーナー。

このコーナーの冒頭では
いつもおんなじ音楽が流れるんです。

で、てつはその音楽が流れ始めると
まだワンちゃんが出ていないけど

そそくさとテレビの前に駆け寄り、
テレビの前でスタンバイ。

そして、ワンちゃんが出てくると
テレビの中のワンちゃんを
ジーッと眺めるのが日課になっている。

(こいつかわいいな~)
(おい、出てこいや!)
(こっちで遊ぼうぜ!)

そんなことでも考えながら
みているんだろうか?

私は時々意地悪したくなって、
テレビにかじりついているてつに

コチョコチョしたり、
ツンツンしてみるけど

完全に無視!

これ、まーまー寂しい。

ま、それはさておき、
なんでてつは音楽が流れただけで
テレビの前に走ってくるのか?

これは、先生もご存知の
「パブロフの犬」。

てつはその音楽が流れると
ワンちゃんが出てくる

そう思っているのだ。

学校でも習った条件反射ですね。

まさに目の前で
その条件反射が起こっていたのです。

そういえば、

この条件反射はちょっとたちが悪いから
注意喚起しておきます。

先生はこんな経験ありませんか?
・電話が鳴ったらすぐとる
・電気の終了音が鳴ったらすぐとる

これは”たち”は悪くないですが、
条件反射ですよね。

でも、
・ここが痛いと言ったら○○法で施術
・膝が痛いと言ったらこことここに電気を流す
・「まだ痛いです」そういわれたら、この電気を流す

条件反射のように
「○○と言ったら○○」

これは注意が必要です。

特に物療機器では、
こうなりがちです。

もちろん、
ちゃんと患者さんの病態をみたうえで
そのような選択する
というのは問題ありません。

でも、根拠や理由もなく
テンプレート的な通電方法だと結果はでません。

いつもと同じようにして
結果が出ないということはありませんか?

てつのような
”条件反射”に注意ですよ。

 

黒川

関連記事

  1. ___に記入すべき語とは???

  2. 【腰痛施術の教科書】施術の考え方と施術方法

  3. 捻じ曲げられている?

  4. 本当にヘルニア?

  5. 腰痛が治らない5つの理由とは?

  6. もしかしたらそれ、「危険信号」かもしれません。

  7. 先生の監視役

  8. そんな患者さんは来ないよ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 経営者としての判断力
  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  3. いつも綺麗な公園の影には、、、
  4. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  5. 「虫刺されかと思った…」???
  6. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?