何気ない言葉が離患数を増やしてしまう理由

 

From:黒川 純

自宅のリビングから、、、

 

先日イオンモールに家族で
買い物に行った時のこと。

 

私は上着が欲しくて
いくつかのお店を見て回っていた。

その中で気に入ったものがあれば
はおってみるのだが…

私はいつも黒とか
濃いこげ茶系の
服をよく着るせいか

長女が
「それ、パパっぽくない!」

こう言うのだ。

 

そう言われると
「やっぱりちょっと違うのかな~」

と思って服を返し、
また違う色合いの服を着ると

娘が
「やっぱパパはそういう系は似合わん」

いつもと違う色を選ぶと
娘にそう言われる。

 

別に娘の好みに
合わせて買うつもりはないけど、

「似合わない」

と言われると買いずらい…。

 

「じゃ、パパはどんな色が似あう?」
と聞くと、

「パパは~、なんか暗い系の色かな。」

いっちょ前に
こんなことを言うのだ。

 

で、結局買った服の色は…

真っ黒(笑)

 

ちなみにその日着ていた
アウターも真っ黒。

素材やデザインは
全く違うものの色は一緒。

 

なんだかんだ言って
やっぱり私はダーク系の色の
服が好きみたいです。

 

 

子供の何気ない一言。

「パパには似合わん」

ショックを受けるような
言葉だったわけではありませんが、

その言葉を真に受け、
購入を躊躇したり
選択を変えたりしました。

 

もちろん、
娘は私に悪意があったわけではなく、

むしろ私のことを
想って言ってくれたのです。

このようなことは
私たち施術家も気を付けておく必要があります。

 

私たちは良いと思って
口にしたことが

かえって患者さんの
気に障ることであったり、

無駄に選択を悩ませている
という可能性もあります。

 

言葉の選択は重要です。

何気ない一言が
離患数を増やしている。

 

そんな可能性もあるわけです。

 

黒川

 

離脱患者数の減少、差別化、紹介患者数の増加、患者さんとの信頼関係などでお悩みでしたら、ぜひこちらもご覧ください。

関連記事

  1. 口コミを増やす方法

  2. 施術家として絶対間違えてはいけないこと

  3. 私の新規集客に対する答え

  4. 電話対応の極意(3つの重要なポイントとは?)

  5. 売上を上げることに抵抗がある?

  6. お客さんがいないお好み焼き屋さんが…

  7. ”ハエ”のいるラーメン屋に行ってきた…

  8. そんな患者さんは来ないよ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


メールが届かない場合

こちらから受信設定を行ってください。

https://goo.gl/xTkM9u

 

 

上記のサイトで解決しない場合はこちらから

http://autobiz.jp/mobile/manual.html

New Posts

  1. 施術家として絶対間違えてはいけないこと
  2. いつも綺麗な公園の影には、、、
  3. 先生に必要なのは、、、〇〇力かも?
  4. 「虫刺されかと思った…」???
  5. ラーメン屋から学ぶ院経営の秘訣とは?
  6. お客さんがいないお好み焼き屋さんが…